winwin7月号に掲載していただきました。【7月の薬膳~梅雨の養生・「湿」を除き「脾」を助ける~】

心花winwin7月号記事 お知らせ

梅雨の養生・「湿」を除き「脾」を助ける

梅雨の季節は消化系の脾・胃の働きが活発になりますが、梅雨の邪気「湿邪」は気の流れを阻害します。冷え・めまい・胸のつかえ・腹部のはり・身体が重い・頭が重い・むくみ・下痢・皮膚炎等、また筋肉・関節痛・皮膚病の慢性化・長期化などの症状がみられます。
冷たい物・生もの・水分を多く取るため脾胃が疲れやすく、食欲不振・胃のもたれ・腹部膨満・疲れやすさ・無気力等の症状が現れ浮腫・下痢がみられます。悩みすぎも消化器系を痛めます。風通しを良くし心も思い悩むことを控えることが大切です。

7月の薬膳講座の参考メニューです。

  1. トウモロコシのスープ
  2. 鶏肉のはと麦だれ
  3. バジルの厚焼き玉子
  4. 陳皮ご飯
  5. 薬膳茶(生姜紅茶)

薬膳料理講座について

1回50分の薬膳料理講座 1Fで開催。
詳しくは心花までお問い合わせください。

料理講座お問合せ先

会津若松市湯川町1-58 木下ビル2F(竹田病院西側向)
TEL 090-2367-2552
営業 11:00〜15:00
定休 日曜・祝日・第二土曜日

winwin7月号

7月の薬膳~梅雨の養生・「湿」を除き「脾」を助ける~

こちらからもご覧いただけます。

タイトルとURLをコピーしました